スポキチクリニックについて


スポーツ選手のために診断、治療、リハビリ、トレーニング、試合復帰をサポートします。

どこまでやってもよいのか?どうしてやってはいけないのか?さまざまな疑問にお答えします。

 

肩、肘、手、首、腰、股、膝、足

 

スポーツ選手にとってはすべての部位が大切です。

どこかをかばってどこかが悪くなる。痛みが繰り返す。

悪い場所を治すだけではなく、原因となるところを突き止める。

 

そんな診察、説明を心がけてやっていきます。


担当医師: 伊藤 雄人 

     (いとう ゆうじん)

 

日本整形外科学会 整形外科専門医

日本整形外科学会 運動器リハビリテーション医

日本体育協会公認 スポーツ医

 

スポーツサポート基地 NPO法人BS北海道 代表 

学歴

札幌市白石区 生まれ

平成7年 北海道札幌南高等学校 卒業 

平成14年 旭川医科大学 卒業

   

経歴

平成14年 旭川医科大学 整形外科 

平成15年 北見赤十字病院

平成16年 旭川赤十字病院

平成17年 遠軽厚生病院

平成18年 士別市立病院

平成20年 森山病院

平成21年 稚内市立病院

平成22年 富良野協会病院

平成23年 静和記念病院

平成27年 ふかざわ病院

平成28年 スポキチクリニック開業



 

診療時間が短くて誠に申し訳ありません。 
スポキチクリニックは月、木のみの営業ですが、

スポーツ選手のために各地で外来、手術を行っています。


スポキチクリニックでできることできないこと

できること

超音波画像診断装置エコーによる診断

【表面の靭帯や腱、筋肉の観察】

他医で撮影されたX線撮影レントゲン、CT、MRIの画像説明

【CDなどのデータはもちろん写メの画像でもお気軽にご相談ください】

関節注射、神経ブロック注射、トリガーポイント注射、筋膜間注射

【必要があればエコーで観察しながらピンポイントで注射します】

他院で行われた診断とスポーツ活動の是非に対する丁寧な説明

【スポーツの種目は問わず、ケガの重症度、将来への影響、学年やシーズンの時期を踏まえて、

 納得のいくまで話し合います】

投薬

【緊急性の高いお薬は院内処方でお出しします。

 緊急ではないお薬や種類が多い場合などは院外処方でお出しします】

 

 

できないこと

レントゲン、CT、MRIの撮影

【必要があれば、他医の紹介や予約を行ないます】

リハビリテーション

【するべきことの説明は行いますが、やっていただくスペースがございません。

 必要に応じ、適切な医療機関をご紹介いたします】

手術

【手術の必要性の説明は丁寧に行いますが、院内に手術施設はございません

 他病院にて私自身が手術するときもあれば、他医をご紹介することもあります】

 


院外活動

 

 

 

スポーツサポート基地NPO法人BS北海道の活動として、
全国各地の野球肘検診に参加、協力しています。

講習会の講師や理学療法学科の授業を担当しています。

 

野球に関わる活動が多いですが、

スポーツ全般にわたって活動しています。

 

平成27年 実施した検診活動

札幌市野球肘検診 主催 北海道野球協議会

旭川市野球肘検診 主催 旭川軟式野球連盟

富良野野球肘検診 主催 旭川軟式野球連盟 協力 富良野協会病院

中標津町スポーツ検診・体力測定 主催 厚岸町 田中医院 スポーツサポートプロジェクトseeds

釧路町スポーツ検診・体力測定 主催 厚岸町 田中医院 スポーツサポートプロジェクトseeds

厚岸町スポーツ検診・体力測定 主催 厚岸町 田中医院 スポーツサポートプロジェクトseeds

 

平成27年 参加した検診活動

徳島野球肘検診

横浜市青葉区野球肘検診

東北野球フォーラムin八戸

 

平成27年 講習会、授業

日本体育協会 指導員養成講習会(軟式野球)講師 

北海道科学大学 理学療法学科 整形外科学